解説


4作目は異色の詩です

タイトルは誤字ではありません。

ネクマロンサーとは、苦痛と非業を自身が肩代わりする事により、他者を救済する職業なのです。

いわゆるクレリック(僧侶)からみたら、外法の術。

ネクロマンサーから見ても、異形の術。

もしかしたら、古代にあった寄代(よりしろ)に近い思想なのかもしれません。

そんな「黒き救済者」ネクマロンサーを謡い上げてみました^^。



くまー!なネクロマンサーでは? という突っ込みは無しの方向でお願いします^^v。



a bearman's saga 〜熊親父ボイド



「とあるネクマロンサーの詩」


苦難と悲業を己に重ね
魔厄の技にて汝救わん

雄々しき勇士の亡骸も
病みて狂いし餓鬼魂も

慈の心にて解き放たん
菩薩と逆の救いの術よ

如何な業とて我身もて
怒り狂いし貴魂鎮めん














Illustration by Mercuria

   








inserted by FC2 system